xR h xRWeb͂C xR tH[ yCg


HOME > テクノ最前線

まちを冷やせ ストップ温暖化  ヒートアイランド対策の成果

ヒートアイランド対策 温暖化対策

▼保水性舗装を実施
 保水性舗装(雨水などをアスファルトの間にためる)を実施
 歩道・車道ともに、降雨直後の日で約10℃路面温度低下

▼保水性舗装へ打ち水
 アダプト管理協定(花の世話や打ち水を行う協定)をもとに
 打ち水を実施

▼学校校庭を非蓄熱化
 校庭表面の遮熱性舗装(太陽光をさえぎる塗装)への改修
 こども施設の芝生化を計画

▼敷地内緑化を推進
  「緑化率の最低限度」を定める。新築等で緑化計画書が提出

▼建物緑化を推進
  壁面にネットを張り、アサガオとヘデラによる簡易壁面化を実施

▼緑化に助成
  緑化助成金  クールルーフ推進助成金

▼外壁材を遮熱・断熱化
  クールルーフ推進助成金による高反射率塗装

▼ヒートアイランド対策計画の提出を義務付け
  CASBEE−HI(キャスビーハイ)実施に向けて検討-
  CASBEE−HIとは、環境(ヒートアイランド対策)に着目した建築物の性能評価制度です。

▼省エネルギー化で排熱を抑制
  複層ガラス使用を決定

▼街路灯の排熱を抑制
  街路灯を水銀灯からナトリウム灯に替えました。

▼抑制対策を調査・研究
  再生可能エネルギー等の活用に向けた基礎調査  ドライミストの効果(温度測定結果)を検証

▼エコシステム(CES)を普及
  環境活動に取り組むためのしくみをつくり、住民、企業への普及に努める

▼環境イベント等を開催
  住民参加型の体感イベントを実施し、温度測定や現地説明でヒートアイランド対策の啓発を行う
  「打ち水」を実施
  イベント会場で検定(環境に関する検定)を実施

         


ヒートアイランド対策の効果検証一覧表
名  称 内  容 気温低減効果 備  考
打 ち 水  アダプトの制度の活用 −1.3℃ 気温 26.1℃
  → 24.8℃
 打ち水月間
 オープニングイベント
−1.6℃ 気温 31.2℃
  → 29.6℃
 自然エネルギー
 街路灯点灯式
−0.3℃ 気温 29.6℃
  → 29.3℃
 うち水っ娘大集合 −0.5℃ 気温 35.4℃
  → 34.9℃
 月間打ち水 −0.5℃ 最大−1.5℃の低減
気温 33.8℃
  → 32.3℃
(8/17 16時10分)
ドライミスト
(細かい霧発生装置)
 潟Nロスフィールド
 マネジメントによる事業
 (東京都補助金事業)
−2.7℃
−2.5℃
−2.0℃
センサーで測定した
温度差の平均値
高反射率塗装  クールルーフ
 推進事業※
−9.3℃ 8月の北側と南側の平均

※クールルーフとは、高反射率塗装や屋上緑化で建物の屋上(ルーフ)を涼しく(クール)することをいいます。



 
トップページへ | このページのトップへ

COPYRIGHT (C) DAIDO SANGYO. ALL RIGHT RESERVED. CONTACT TO info@daidosangyo.com             2015.01.01 update